【お花見名所】しだれ桜のカーテンに包まれる世羅甲山ふれあいの里

しだれ桜

春のお花見シーズン到来!2017年のお花見はどこへ出掛けますか?

今回は私が行った広島にあるオススメの桜の名所「世羅甲山ふれあいの里」をご紹介します。
現地のお役立ち情報やアクセス(駐車場)のアドバイスなど、これから行こうと考えている方必見!


桜の開花情報がわかるサイトは、『桜の開花予想を確認して最適な時期にお花見に出掛ける方法』の記事でまとめていますので参考にしてみてください。


中四国の人気スポット!無料の駐車場やシャトルバス有


広島県の世羅町にある「世羅甲山ふれあいの里」は、中四国では人気のある桜の名所です。

➡︎世羅甲山ふれあいの里の口コミを見る

毎年花見のシーズンのみ「桜祭り」として開園していて、2017年は3月27日(月)〜4月30日(日)です。
入園料は、大人(中学生以上)800円/子供(小学生以下)400円。

私が行ったのは2016年の春。
4月中旬でしたが、ちょうど桜が満開を迎えていました。
場所が山間にあり気温が平地に比べて低いので、桜の開花が少し遅いようです。

県道56号線沿いにある八田原グリーンパークエリアへ車で行くと、無料の駐車場(一般車両やバイク用)があるのでそこに停めます。
そこからは無料のシャトルバスがあるので、それに乗り5分ほど林道を通ってさらに山奥に。
すると、ようやく園内の入り口に到着します。
※詳しいアクセスは下記で説明しています。

観光バスはこの園内近くの駐車場まで進めるようで、当日も数台停まっていました。


360度しだれ桜のカーテンに包まれる


それでは一緒に入園してみましょう。
ここからは、こちらの園内のマップを照らし合わせながらご覧になると分かりやすいです。

世羅甲山ふれあいの里

[1]売店
[2]しだれ桜の並木道
[3]茶店
[4]センターハウス(1F)おみやげ(2F)レストラン
[5]センターハウス前植木販売
[6]特産品販売コーナー
[7]さつき広場/さくら広場
[8]ソメイヨシノ


入園するとすぐ!250本のしだれ桜の並木道


世羅甲山ふれあいの里園内写真

[1]売店を通って、その先の左手にあるチケット売り場で入場券を買って入園します。
道中はゆるい傾斜になっているので、ゆっくり歩いて行きましょう。

世羅甲山ふれあいの里写真

するといきなり、メインの250本もの[2]しだれ桜の並木道がお目見えします。
360度のしだれ桜のカーテンに包まれたような感覚を味わえますよ〜。

世羅甲山ふれあいの里園内写真

ちなみに、ここで見られる主役のしだれ桜は、ソメイヨシノに比べて開花が1週間がくらい早く、寿命が長いそうです。

世羅甲山ふれあいの里写真

もっと桜の写真を見たい方は、毎年フォトコンテストをしていてその受賞作品を見れますよ。


坂道を登りきるとまたそこには!?


世羅甲山ふれあいの里園内写真

途中の[3]茶店(上図)や[6]特産品販売コーナー(下図)を横目で気にしながら、そのままずっと道なりに進んでいきます。
屋台からいい匂いがしてきて食欲をそそられます。

世羅甲山ふれあいの里園内写真

少しずつ歩きながら、お花見を楽しめるのでいいお散歩にもなります。


そして少し急な坂を登りきると、開けた広〜いエリアに[8]ソメイヨシノがあちらこちらで咲いていました。

世羅甲山ふれあいの里園内写真

昼食をとる場所として、この[7]さつき広場/さくら広場がちょうどいいと思います。
私が行った日も、多くの方がビニールシートを広げてお花見や食事を楽していました。
子供は芝生の上でサッカーをしたり、バドミントンをしたりしていました。

世羅甲山ふれあいの里園内写真

ペットを連れて行っている方も見かけましたよ。

入門ゲートから[7]さつき広場/さくら広場までは、ほとんど休みなしでゆっくり歩いて20分くらいです。


【オススメ!】お花見や観光に持っていくと便利

地物が美味しい!お土産も買えます


お腹が減ってきたので、途中気になっていた[3]茶店で遅い昼食をとることにしました。

14時前くらいだったせいか、5種類くらいの手作りお弁当がほとんど売り切れていて、残り3つくらいになっていました。
(現地でお弁当を買う場合は、入園して真っ直ぐ行った後の[3]茶店で、始めに買っておくのが確実です)

その中で目に留まったのが「世羅産鶏の唐揚げと桜の炊き込み弁当(確か500円くらい)」で、最後の1つを即買いしました。
桜を見ながら食べるお弁当の味は格別。とっても美味しかったです♪

そのほか、[6]特産品販売コーナーでは牛串やポン菓子、屋台のクレープなんかもあって、食べることには苦労はしませんでした。

お土産を買いたい方は、[4]センターハウス(1F)や[1]売店に立ち寄るのがいいと思います。

世羅甲山ふれあいの里園内写真

最後にもう一度、桜並木をたっぷり堪能して園を後にしました。


園の周辺のダムで桜やキャンプも楽しめる!


シャトルバスで始めに車を停めた場所まで帰ってきた後、ちょうど目の前にある八田原ダム周辺を散歩しました。
このエリアにもたくさんの桜が咲いていました。

道が整備されていて歩きやすく、ダムから吹く風が気持ちよかったです。
ただ、急な坂になっていたりダムの岸を歩くので、小さな子供さんは気を付けたほうがいいと思います。

芦田湖オートキャンプ

園の近くには、バーベキューやサイクリング、キャンプもできる「芦田湖オートキャンプ場」があります。
キャンプ好きな私としては、今度花見に行く時は休日を挟んで、このキャンプ場で一泊してみてもいいかなと思いました。

八田原グリーンパーク「芦田湖オートキャンプ場」


アクセスは時間に余裕を持ってルート確認は必須


まず、この場所に行くには車しかありません。
現地近くまではスムーズに行けましたが、駐車場の周辺は空きを待っている車でいっぱい。

その時は12時くらいに到着したと思いますが駐車場はすべて満車だったので、周辺をグルグル回ったり出庫する車を待つなどして、結局30分くらいして駐車できました。
(多分待ち時間としては短い方だったと思います。)

特に見頃の時期は、自宅から現地に掛かる時間にプラス1時間くらいでちょうどよいくらいだと思います。
開園時間が9時〜17時なので、それも考えて時間に余裕を持って出かけるのが得策です。


現地へのルートは事前にしっかり確認しておきましょう


それと、場所が山奥にありちょっと分かりにくいです。
GoogleマップやYahoo!カーナビを頼りに行くと、携帯の電波が入りにくいのであまり役に立ちません。

一度、事前に自宅からのルートの確認をしておく方が当日迷わずに済みますよ。

世羅甲山ふれあいの里へのアクセスマップ

世羅甲山ふれあいの里



時間がある場合は、周辺の人気観光スポットのせらワイナリーや世羅高原農場に立ち寄るのがオススメです!


2017年の見頃はいつか予想してみました


やはり行くなら、満開のしだれ桜を見たいですよね。
そこで、いつ花見の見頃を迎えるか勝手に予想してみます。

桜の開花情報がわかるサイト『桜の開花予想を確認して最適な時期にお花見に出掛ける方法』で、<第4回>桜の開花予想(日本気象協会)が発表されています。

これによると、広島県の開花は3月28日です。
ただ、世羅甲山ふれあいの里が山間部で気温が低いと思うので、1週間くらいは開花が遅れるのではないかと想定。
そうすると、開花が始まるのが4月4日になります。

ズバリッ!見頃は4月6日〜20日と予想してみました。


過去のしだれ桜の開花状況


世羅甲山ふれあいの里のサイトに「過去のしだれ桜の開花状況」が掲載されていました。

🌸咲き始め満開
2010年4月5日4月12日から18日
2011年4月14日4月21日から26日
2012年4月16日4月21日から24日
2013年4月6日4月7日から15日
2014年4月7日4月9日から17日
2015年4月4日4月5日から12日
2016年4月5日4月7日から13日

早い年は咲き始めて数日で満開になるのですね。
満開の期間は年により4日〜9日間と開きがあります。
2011年と12年を除くと、満開のしだれ桜が見られるのは4月5日〜18日です。

これを2017年4月のカレンダーと照らし合わせてみると、週末の土日は4月8日・9日と15日・16日です。

あとは天気を確認しながら、最終的にいつ行くか決めることになると思います。


問い合わせ先


電話で開花状況を問い合わせる場合は、0847-24-1188(9時〜17時)。

「開花情報ダイヤル」というのがあり、24時間音声で案内が聞けるみたいです。
試しに電話して見ると、「お掛けになった電話番号は現在使われておりません。・・・」となりました。
(恐らく、まだ開園していないからだと思います。電話番号は0847-24-1510です。)


世羅甲山ふれあいの里周辺のホテル情報


遠方から泊まりを兼ねて行く方へ、世羅甲山ふれあいの里周辺のホテル情報をお伝えします。

周辺といっても、世羅町内にある一番近くのすずらんホテル木原でも車で30分くらいかかります。


その他、同町内の甲山ホテルもあります。
見頃予想をした週末の空室状況を調べて見ました。
どちらのホテルも若干の空きがありました。

➡︎宿割引クーポンを見る


まだ世羅甲山ふれあいの里へ行ったことがない方は、ぜひこの春のお花見候補にいかがでしょうか?


この記事へのコメント